自分で点検!大切な我が家を永く快適に過ごすために 浴室まわり



前回は、家を永く快適に暮らすために、キッチンまわりの点検についてお伝えしました。


今回は、浴室まわりの点検について紹介していきます。

浴室は、はだかで使用するため、様々な箇所の割れによるケガや漏水の事故が見られます。

また、最近では、暖房乾燥機付きの浴室も多く見られるため、この部分の異常にも注意してください。
※点検には安全にも配慮してください。




下記の項目についてチェックしていきましょう。




ドア


1.パネルや枠が割れている。
     ↓
 脱衣室側に水漏れする。
 割れ面でケガをする。


2.ハンドルや鍵の動きが悪い、ドアにガタツキがある。
     ↓
 ドア開け閉め際にケガをする。
 ドアが開かずに浴室の中に閉じ込められる。




床・壁・窓


3.床・壁・窓のパッキン、シール材が切れている。

    ↓
 水漏れし家屋に被害がでる。

浴室点検FullSizeRender (1).jpg




浴槽



4.浴室にひび割れがある。
       
 
水漏れし家屋に被害がでる。
 ひび割れによるケガをする。




水栓金具



5.湯温の調節ができない、高温のお湯がでる。
       
 熱湯によりやけどをする。
 
 使用を中止し、メーカー・販売店に相談する。 


6.シャワーヘッドのメッキがはがれている。

 気づかずに使用し、指にケガをする。



暖房乾燥機


7.使用中に異常な音や振動がしたり、焦げ臭いにおいがする。
     ↓
 そのまま放置すると発火の恐れがある状態を意味します。

 使用を中止し、メーカー・販売店に相談する。

浴室点検FullSizeRender (2).jpg




その他


8.鏡や手すりにガタツキがある。
 鏡、照明カバー、小物棚にひび割れがある。
       ↓
 鏡やカバーが割れてケガをする。
 手すりがぐらつき転倒する。

 使用を中止し、メーカー・販売店に相談する。




どうでしょう、気になるところはありましたか?

心配なことがおありでしたら、お気軽にご相談ください。

次回は、洗面・トイレまわりについてお伝えします。






ご相談は地域密着 地域に必要なリフォーム会社を目指しています。

デザインスタジオまで。

フリーダイヤル 0800-200-2416