自分で点検!大切な我が家を永く快適に過ごすために 給湯機器まわり



前回は、家を永く快適に暮らすために、洗面・トイレまわりの点検についてお伝えしました。



今回は、給湯機器まわりの点検について紹介していきます。



ガス・石油給湯器が屋内にある場合は、空気の供給と排気ガスの屋外への排気の確保が大切になります。

給気口・給排気筒(排気筒)・換気扇等の空気や排気ガスが流れる部分を特に注意しましょう。

リモコンにエラーが表示が出た場合は、取扱説明書がある場合には後ろのページの方に
エラー内容の説明が載っているので確認してみましょう。


※点検には安全にも配慮してください。






ガス・石油給湯機



1.給気部、排気部のつまり、すすの付着。 
     ↓
 そのまま放置することで発火の恐れがある状態です。
 そのまま放置することで、一酸化炭素中毒を起こす恐れがある状態です。(屋内設置の場合)
 使用を中止し、ガス、石油・水の供給を止め、メーカー・販売店に相談する。


 ガス給湯器
FullSizeRender (1).jpg

石油給湯器
FullSizeRender (2).jpg

FullSizeRender (3).jpg
    
※給湯器のイラストは一例です。給気部・排気部の位置は取扱説明書をご参照ください。




2.機器本体および排気筒に変色、さび、穴あき、変形がある。
     ↓
 
そのまま放置することで漏電する恐れがある状態です。
 そのまま放置することで一酸化炭素中毒を起こす恐れがある状態です。(屋内設置の場合)
 
使用を中止し、ガス、石油・水の供給を止め、メーカー・販売店に相談する。





3.機器周りからの水漏れ 
     ↓
 
そのまま放置することで漏水の拡大により家財を傷める恐れがある状態です。
 そのまま放置することで漏電する恐れがある状態です。
 使用を中止し、ガス、石油・水の供給を止め、メーカー・販売店に相談する。



4.機器周り、給気口周りに障害物。
     ↓
 
そのまま放置することで発火の恐れがある状態です。
 
使用を中止し、ガス、石油・水の供給を止め、メーカー・販売店に相談する。




5.ガス・灯油のにおいがする。運転音が異常。
     ↓
 そのまま放置することで発火の恐れがある状態です。
 
使用を中止し、ガス、石油・水の供給を止め、メーカー・販売店に相談する。






 
電気給湯機(ヒートポンプ式給湯機)



1.機器本体に変色・さび・穴あき・変形がある。
    ↓
 
そのまま放置することで漏電の拡大の恐れがある状態です。
 そのまま放置することで漏水の拡大により家財を傷める恐れがある状態です。
 見つけたら、メーカー・販売店に相談する。



 電気給湯機(ヒートポンプ式給湯機)
FullSizeRender (4).jpg
   
※給湯器のイラストは一例です。給気部・排気部の位置は取扱説明書をご参照ください。


2.機器周りからの水漏れ。
      ↓
 そのまま放置することで漏電の拡大の恐れがある状態です。
 そのまま放置することで漏水の拡大により家財を傷める恐れがある状態です。
 見つけたら、メーカー・販売店に相談する。








どうでしょう、気になるところはありましたか?



もし、心配なことがおありでしたら、お気軽にご相談ください。

次回は、居室・外装まわりについてお伝えします。







ご相談は地域密着 地域に必要なリフォーム会社を目指しています。

デザインスタジオまで。

フリーダイヤル 0800-200-2416