自分で点検!大切な我が家を永く快適に過ごすために ドア・窓・家の外まわり



前回は、家を永く快適に暮らすために、給湯機器まわりの点検についてお伝えしました。


今回は、ドア・窓・家の外回りの点検について紹介していきます。




小さな部品でも重要な役割を担っています。
ちょっとしたビスのゆるみでも、とじ込めや窓の落下、人の転落など重大事故につながります。
先ずは、下記の項目を点検してみましょう。


※点検には安全にも配慮してください。






玄関ドア・内装ドア



1.油漏れがある。ネジのゆるみや外れがある。
     ↓
 そのまま放置することでドアが思い切り閉まったりする場合もあります。
 その場合、急激な開閉で指が挟まれケガをする。




2.ぐらつきや異音がある。ネジにゆるみや外れがある。
     ↓
 そのまま放置することでドアが外れてしまう可能性もあります
 その場合、扉が外れてケガをする。



3.ガタツキやネジにゆるみがある。
     ↓
 そのまま放置することで万が一ですがドアが動かなくなってしまう場合もあります
 その場合、内部の部品が破損して開閉できず、閉じ込めの恐れがある。

中ドアFullSizeRender (4).jpg





補助手すり


4.固定金具のひび割れ、変形やネジのゆるみ、抜けがある。機器周り、給気口周りに障害物。
     ↓
 そのまま放置することでケガの恐れがある状態です。
 固定金具や手すりの破損、外外れにより転倒しケガをする。

手すりFullSizeRender (1).jpg





サッシ


5.クレセント(ハンドル類)のネジのゆるみがある。
     ↓
 そのまま放置することで部品が落ちてくる場合もあります。
 部品が落下してケガをする恐れがある。




6.パッキン、ガスケットの磨耗・切れ・よじれ等により隙間風が入る。
      ↓
 そのまま放置することで漏水の拡大により家財を傷める恐れがある状態です。
 漏水により室内の内装等を汚す恐れがある。





7.障子・網戸のはずれ止めがセットされていない。


8.開閉時に引っかかる、著しく重い。
      ↓
 
そのまま放置することで無理やり動かそうとした場合など、網戸や障子が外れる場合もあります。
 障子が外れてケガをする恐れがある。
 強い風で網戸が外れ人にケガをさせる恐れがある。

中サッシFullSizeRender (3).jpg




墜落防止手すり


9.手すり上部、支柱、手すり子、手すり下部を手でゆするとガタガタ音がする。
 手すり子が外れている。(すり抜けできそうな隙間がある。)
     ↓
 そのまま放置することで急に手すりがはずれてしまう場合もあります。
 手すりの脱落や落下、部材の腐食による強度低下による破損や外れ、
 人のすり抜けにより、転落しケガをする。





どうでしょう、気になるところはありましたか?




もし、心配なことがおありでしたら、お気軽にご相談ください。



ご相談は磐田市に地域密着 地域に必要とされるリフォーム会社を目指しています。


デザインスタジオ

フリーダイヤル  0800-200-2416