駐車場を広げる工事をしたい


新築して15年位が経つと

お子様が成長され車が必要になってくる場面が

増えてきて「駐車場を広げる工事をしたい」

というご相談を頂くケースがあります。

デザインスタジオがある磐田では

何よりも車があった方が便利です。

通勤はもちろんのこと、買い物にも車が重宝されます。

車の台数は増えなくても

ミニバンに乗り換えて車の乗り降りが不便なので

駐車場を広げたいというご相談もあります。

以前、車をキャンピングカーにするので

駐車場を広くしたいという工事を

させて頂いたこともあります。

d-kakou20151021 076.jpg

こちらの工事内容は

デザインスタジオのホームページでも

ご紹介させていただいているので

駐車場を広げたいなとお考えの方は

是非、ご参考にしてみて下さい。

磐田市 H様邸 外構事例





外壁の目地が割れてきたら


外壁に使われている素材の1つに
サーディングを呼ばれるものがあります。

こちらの外壁材を使う場合には
継ぎ目があるため、その部分はコーキングまたは
シーリングというものを使い埋めてあります。

この継ぎ目におけるコーキング(シーリング)が
どのような働きをするかというと
外壁材(サイディング)が熱や湿気により
膨張や収縮などによって動きがあった時に
動きを吸収してくれます。
継ぎ目と継ぎ目がぴったりとくっついていると
隙間がでたり、外壁材が割れてしまう可能性がりあります。

他のもので例えると
電車の車両がつながっている部分は
動きに耐えられるようにつながっていますよね。
そのような仕組みと似ています。

しかし、このコーキングにも弱点はあります。
当初は柔らかいコーキング材も
年数が経過し紫外線に当たっていると
段々と硬くなってきます。
そうすると継ぎ目部分にも
隙間が出てくることがあります。

IMG_7914.JPG

このような状態で
継ぎ目の真ん中はコーキングが残っていても
左右の外壁に接しているところが
隙間が空いてきます。

このような状態を見かけてきたら
補修をするタイミングが近づいているサインと
考えられた方がいいかと思います。



ご相談はお気軽に、磐田のデザインスタジオまで。


地域密着 地域に必要なリフォーム会社を目指しています。


フリーダイヤル 0800-200-2416

屋根の瓦が浮いている?ずれている?と言われたら・・・。


磐田は遠州の空っ風と言わんばかりの
強風が吹く時があります。

そう言ったことにつけこんでなのか

「近所で仕事していたらたまたまお宅の屋根を見かけたんだけど・・・。」

「屋根の瓦がちょっと浮いているみたいだけどご存知でしたか?」

と突然声を掛けてきたり

「屋根の瓦がずれているようだけど、そのまま放っておくと雨漏りしますよ。」

などと心配するような事を言ってきたりする場合があります。

「普通なら屋根を直すと何万円ってかかっちゃうけど

近所の工事ついでだから6千円くらいで直してあげるよ」

と、いかにも親切で良心的な感じで言ってきたとしても

ここからが大事なところですから覚えておいて下さい。

決して、屋根に知らない業者の人をあげさせないで下さい。

屋根の状態にもよりますが

瓦が劣化していて人が乗ると

簡単に割れてしまうこともあります。

住んでいる方が屋根に乗って作業していることが一緒に確認するのは

難しいので何をされていても分かりません。

本当に信頼できる方に屋根は点検してもらいましょう。

デザインスタジオでも年に数件は

以前に工事をして頂いたから屋根の相談を頂くこともありますが

大体このように他の業者の方に指摘されて心配になったというケースが多くあります。

良心的な職人さんも多いかとは思いますが

やはり心配なケースもありますので

気をつけて頂いた方がいいかと思います。



ご相談は地域密着 地域に必要なリフォーム会社を目指しています。

デザインスタジオまでお気軽に。

フリーダイヤル 0800-200-2416