羽根がついたアリを見かけたら

  • 投稿日:2018年 5月 7日
  • テーマ:


4月の中旬から5月の中旬にかけて

お問い合わせが増えるのがシロアリ(白蟻)に関する工事です。

この時期はシロアリの活動も活発になり

アリを見かけるケースが増えてきます。

雨上がりの昼間に飛んでいるのを見かけたら

シロアリの可能性があるのでご注意下さい。

シロアリの対策としては床下へ薬剤を散布するのですが

この薬の有効期間は5年間のものが一般的です。

以前は10年間有効なものもありましたが

今は多くは5年がほとんどです。

この5年間の中でシロアリ予防の工事が行われていない場合には

薬の効果が弱い、もしくは無くなっている可能性もあります。

IMG_1442.JPGのサムネイル画像

床下へ入ることができる「床下収納庫」や「床下点検口」があれば

床下への薬を散布することが出来ます。

シロアリという名前だから黒いアリを見かけて安心しなようにして下さいね。

シロアリでも地中にもぐっていないで地上で活動している場合には

身体が黒くなっている場合もあります。

5年以上シロアリの点検をしていない場合には

まずは点検されることから始めましょう!