荷物を受け取りたい。宅配ポストを自宅に設置して、より夫婦仲も円満に?!


皆さんは通販で品物を購入したことがあるでしょうか?

インターネットやスマートフォンの普及で購入されたことがある方がほとんどでは
ないでしょうか?

公共社団法人・日本通信販売協会の資料によると、夫婦仲の良い夫婦は、
夫婦仲が良くないと回答した夫婦より、4倍も通販で配偶者のために物を購入しているようです。

豊富な品揃えから、相手に喜んでもらえる品物を送りたいという気持ちは当たり前のことですね。

そこで、問題なのが品物を受け取るタイミングです。
来週の記念日に間に合わせたい、あさっての誕生日に驚かせたい!週末のパーティに使いたいと、
受け取りたい希望する時間(タイミング)があるはずです。

しかし、平日は仕事で時間指定にしていてもたまたま庭にいたり、洗濯物を取り込んでいたりと、
在宅していても思うように受け取れないことってありますよね。



そこで、自宅玄関脇に設置できる宅配ポスト

ユニソン コルディア100をお知らせします。
post.png

※宅配100サイズまで受け取り可能。
※据置き台座が必要です。

不在でも在宅でも、このポストが受け取ってくれるので心配ありませんね。
贈り物のタイミングを見逃すことなく、話もきっと弾むことでしょう。



さて、宅配ポストは留守がちで不在だから必要、ということばかりではありません。
防犯対策にもなるのです。

警視庁によると、侵入強盗全体の一戸建てを占める割合は、59%です。
約6割が一戸建てが狙われているのです。


お子さまや高齢者がお一人で留守番時にも安心です。

防犯にも役立つ宅配ポスト
大掛かりな工事は必要ありません。

宅配ポストの使い方は?
いくらかかるの?

不明な点はお気軽にご相談ください。




地域密着 地域に必要なリフォーム会社を目指しています。

デザインスタジオ

フリーダイヤル 0800-200-2416






風災害には火災保険が適用されるの?


磐田で外壁塗装や屋根工事など色々な場面で
今日もお手伝いさせていただいておりますデザインスタジオです。


○台風により他から飛んできたもので、テラスの屋根が壊れてしまった。
○突風で雨樋が外れてしまった。

K様2d-PA280277.jpg



風災害による修理は思わぬ突然の出費になります。
あまり、ご存知でない方もいるかもしれませんが、突風・強風・台風・豪雨など強い風で破損した、カーポートやテラス・アンテナ、雨樋、屋根などの修理また、その際の雨漏り修理には火災保険が適用されます。



何万円・何十万円という修理代が火災保険から補償されたら、嬉しいですよね。



「風災補償」とは、突風・強風・台風などの強い風による災害により
建物や家財が被害にあった場合にその損害金額を補償するという火災保険サービスです。



これは、知らないと損してしまいます。
修理費が心配だったけど、直そうかな。
いくらかかるのかな?
これは、火災保険の適用になるのだろうか・・・気になることはお気軽にご相談ください。




台風で雨樋が取れてしまった補修事例はこちら。
     ↓↓↓
磐田市 K様邸 雨樋補修事例




地域密着 地域に必要なリフォーム会社を目指しています。

デザインスタジオ

フリーダイヤル 0800-200-2416








寝る時間が違うご夫婦にリフォームでお悩みを解決


こんにちは。

磐田で外壁塗装・屋根工事や玄関交換リフォームなど色々な場面で
今日もお手伝いさせていただいておりますデザインスタジオです。

お子さま達の成長に伴い、進学・就職・結婚、またご自身の退職や地域デビュー、ライフサイクルの変化にともなって暮らし方も変わってきますよね。

結婚が第2の人生だとするならば、退職後は第3の人生のスタート。

これからは、自分の時間を存分に謳歌するぞ!と思っている方もいるのではないでしょうか?

でも、もし趣味の時間が合わず、パートナーと思いがけず衝突!
なんてことは避けたいですね。


例えば・・・・60代のご夫婦という設定として。

「ご主人は長年勤めた会社を退職され、
地域で率先して役を引き受けることにしました。

古代ヨーロッパの歴史が好きなので、関係書物を沢山所蔵しておられます。

ベットにもぐりこみ、本を夜遅くまで読みふけるのが至福の時です。

朝はゆっくり起床して、本好きを活かし近所の図書館にもボランティアスタッフとして週に3日、
午後に出かけています。」



「奥様は現在もベーカリーでお勤めしています。

休日を利用してハイキングに出かけるのが楽しみです。

朝早く起きるのは得意なので、早く出発することは苦になりません。

今度はどこにいこうか、ハイキング仲間と相談を繰り返しています。」



夜遅くまで本を読みたいご主人と
早起きして出勤する奥様

関係がギクシャクしてくるのは目にみえています。

どうすれば、お互いパートナーの暮らしを尊重しながら
快適にすごせるのでしょうか?

お部屋が空いているのなら
寝室を別々にするのも一つの方法かもしれません。

それはちょっと・・・と抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。


ここで考えるのは、お2人が同じ空間にいながらも
奥様がしっかりと睡眠を確保し
明日への活力を得るべく休息が取れることです。

リフォームをすることで、こんな解決方法もあります。
①寝室がベットルームでしたら、ベットとベットの間にカーテンや
 パーテーションといった間仕切りを用意する、

②照明器具を部屋の中心に1ヶ所にある場合は
 2ヶ所に設置場所を分けてみる、

③ご主人がベットに限らずゆっくり書物を読むことができるのであれば、
リビングの一角に囲って読書スペースを計画する

といったことが提案出来ます。




これは例えばの話でしたが、それぞれのお宅にあった第3の生活を気持ちよく過ごせるよう一緒に考え、

お手伝いさせていただきます。

ご相談は、地元に強いデザインスタジオへ是非。

デザインスタジオ 通話無料 0800-200-2416
磐田市中泉2丁目8-1