• HOME
  • 読むだけでお住まいの悩みが解決できるブログ

自分で点検!大切な我が家を永く快適に過ごすために 洗面・トイレまわり


前回は、家を永く快適に暮らすために、浴室まわりの点検についてお伝えしました。


今回は、洗面・トイレまわりの点検について紹介していきます。


洗面・トイレまわりは、水を使用する場所ということもあり、水漏れの事故が多発しやすい場所です。

また、最近は、温水洗浄便座などの普及から、電気関係の事故も多くみられます。
下記リストの項目をまずはチェックして、重大なトラベルを未然に防ぎましょう。
※点検には安全にも配慮してください。






洗面化粧ユニット


1.水栓(本体やホース部)、洗面器裏、給水、給湯接続部、排水金具、電気温水器(※)より水漏れがある。
 ※電気温水器が収納されている場合
     ↓
 収納品を取り出し、引き出しを外すなどして、水漏れがないか確認する。

 洗面FullSizeRender (1).jpg


2.ドライヤーなどの使用中に、コンセントより焦げ臭いにおいがする、電源プラグが変色している。
     ↓
 接触不良による発熱・発火の恐れがある。
 異常があれば使用を中止する。




大便器  



3.給水接続部や便器と床の間、便器とタンクの間などから水漏れがある。
      ↓
 便器の後ろ側に水が溜まっていることもある。
 乾いた布で拭いてみる。

 しばらくして水が溜まってきたら水漏れしてる可能性が高いと思われます。

 

温水洗浄便座


4.便座にひびや割れがある。
 ゴム脚の外れ、便座にガタツキがある。
      ↓
 便座や便座コード、本体から発火する恐れがある。
 
放置せず、電源プラグを抜き、止水栓を閉めてメーカー・販売店に相談する。



5.製品から水漏れしている。
     ↓
 便座や便座コード、本体から発火する恐れがある。
 
放置せず、電源プラグを抜き、止水栓を閉めてメーカー・販売店に相談する。



6.電源コードや電源プラグが変色または熱くなっている。
 電源プラグにほこりがたまっている。
     ↓

トイレFullSizeRender (2).jpg
 
 ほこりは電源プラグを抜いて拭き取る。
 発熱、変色がある場合、電源プラグを抜き止水栓を閉めてメーカー・販売店に相談する。




換気扇 


7.ファンの回転が不規則だったり、異常な音、振動がある。
 焦げ臭いにおいがする。
    ↓

換気扇FullSizeRender (3).jpg
 モーター故障の兆候で、発煙・発火の恐れがある。
 異常に気がついたら使用を中止し、メーカー・販売店に相談する。





どうでしょう、気になるところはありましたか?

水漏れの場合には
原因にもよりますが
水の配管でもれている場合は
水道管の元栓で止めるか、漏れている原因の近くに
止水栓があればそちらで止めるようにされることをお勧めします。

水の止め方が分からない場合には
ご連絡いただければご説明もしくは
お伺いして確認をさせていただきます。


もし、心配なことがおありでしたら、お気軽にご相談ください。

次回は、給湯機器まわりについてお伝えします。






ご相談は地域密着 地域に必要なリフォーム会社を目指しています。

デザインスタジオまで。

フリーダイヤル 0800-200-2416





自分で点検!大切な我が家を永く快適に過ごすために 浴室まわり


前回は、家を永く快適に暮らすために、キッチンまわりの点検についてお伝えしました。


今回は、浴室まわりの点検について紹介していきます。

浴室は、はだかで使用するため、様々な箇所の割れによるケガや漏水の事故が見られます。

また、最近では、暖房乾燥機付きの浴室も多く見られるため、この部分の異常にも注意してください。
※点検には安全にも配慮してください。




下記の項目についてチェックしていきましょう。




ドア


1.パネルや枠が割れている。
     ↓
 脱衣室側に水漏れする。
 割れ面でケガをする。


2.ハンドルや鍵の動きが悪い、ドアにガタツキがある。
     ↓
 ドア開け閉め際にケガをする。
 ドアが開かずに浴室の中に閉じ込められる。




床・壁・窓


3.床・壁・窓のパッキン、シール材が切れている。

    ↓
 水漏れし家屋に被害がでる。

浴室点検FullSizeRender (1).jpg




浴槽



4.浴室にひび割れがある。
       
 
水漏れし家屋に被害がでる。
 ひび割れによるケガをする。




水栓金具



5.湯温の調節ができない、高温のお湯がでる。
       
 熱湯によりやけどをする。
 
 使用を中止し、メーカー・販売店に相談する。 


6.シャワーヘッドのメッキがはがれている。

 気づかずに使用し、指にケガをする。



暖房乾燥機


7.使用中に異常な音や振動がしたり、焦げ臭いにおいがする。
     ↓
 そのまま放置すると発火の恐れがある状態を意味します。

 使用を中止し、メーカー・販売店に相談する。

浴室点検FullSizeRender (2).jpg




その他


8.鏡や手すりにガタツキがある。
 鏡、照明カバー、小物棚にひび割れがある。
       ↓
 鏡やカバーが割れてケガをする。
 手すりがぐらつき転倒する。

 使用を中止し、メーカー・販売店に相談する。




どうでしょう、気になるところはありましたか?

心配なことがおありでしたら、お気軽にご相談ください。

次回は、洗面・トイレまわりについてお伝えします。






ご相談は地域密着 地域に必要なリフォーム会社を目指しています。

デザインスタジオまで。

フリーダイヤル 0800-200-2416




自分で点検!大切な我が家を永く快適に過ごすために キッチンまわり


前回は、家を永く快適に暮らすためには点検が必要ということをお伝えしました。


今日はキッチンのまわりの点検についてご紹介していきます。

火気、電気、水が集中している場所だけに、ちょっとした不具合でも火災や大事故に発展する可能性があります。



下記の項目についてチェックしていきましょう。




システムキッチン本体


1.吊り戸棚・扉・引出し・棚板が変形していたり、反りやガタツキがある。
     ↓
 落下物でケガをする。


2.シンク、カウンタートップにひび割れや欠けがある。
     ↓
 亀裂に触れてケガをする。水漏れする。


3.水栓レバーが、がたついたり動きが重い。
 配管接続部からの漏水、排水口やシンク下排水トラップ、排水ホースに損傷がある。

台所点検IMG_7516.JPG















     ↓
水漏れし家屋に被害がでる場合があります。

レンジフード

4.ファンの回転が不規則だったり、異常な音や振動がする。
       
 そのまま放置することで発火の恐れがある状態を意味します。


食器洗い乾燥機(ビルトイン型)


5.庫内の食器類から焦げるにおいがする、煙が出る、漏電ブレーカーが落ちる。
       
 そのまま放置することで発火の恐れがある状態を意味します。


ガス調理加熱器(コンロ)


6.調理油過熱防止装置(温度センサー)の上下の動きが悪かったり、鍋へ接触しない。

台所点検FullSizeRender (1).jpg















        ↓
 そのまま放置することで油火災の原因になります 


7.未燃焼時、着火時のガス臭さや、燃焼時に異臭・異常な燃焼がある。
        ↓
 そのまま放置することで発火・周囲を焼損する恐れがある状態を意味します。

 
電気調理加熱機器(ビルトイン型・IH・電気ヒーター)



8.使用時にブレーカーが落ちたり、異臭、異音、異常な煙が出る。
        ↓
 そのまま放置することで発火・周囲を焼損する恐れがある状態を意味します。

 普段お使いになっていると

 なかなか変化にも気がつきにくい場合もあります。
 
 ちょっとでも「変だな」と感じた場合には

 点検されることをお勧めします。


 もし、心配なことがおありでしたら、お気軽にご相談ください。

次回は、浴室まわりについてお伝えします。






ご相談は地域密着 地域に必要なリフォーム会社を目指してます。

デザインスタジオまで。

フリーダイヤル 0800-200-2416







前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9